01 10月

グループ・団体で利用するグランピングの魅力

近頃、雑誌やテレビですっかりおなじみになったGlamping(グランピング)。

グラマラス(魅惑的な)とキャンピングを掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから解放された旅行スタイルです。実はグランピングは日本だけでなく、世界中でブームになっています。

 

 

グループ・団体予約できるグランピング&ヴィラ

 

 

グループでグランピングするメリット

家族やカップル、気の合う仲間でやるグランピングも確かに魅力ではありますが、大人数のグループ、特に企業や団体で行うグランピングも注目を集めています。

キャンプやバーベキューを大人数でする場合、食材の準備や当日の設営は大変手間のかかるもの。

気の置けない仲間やサークルなら、遠慮なく進められるでしょうし、また少しのミスもご愛敬で済ますことが出来ても、オフィシャルな会社行事や団体イベントなると、自ずと企画運営チームに過度な負担がかかってきます。

グランピングなら、食材の準備から設営にいたるまで、施設に運営を委ねることが出来るため、事務局の負担を大きく軽減することができ、かつ非日常空間の中のバーベキューやキャンプ体験で作られるチームの結束。グランピングは、まさに美味しいとこ取りの団体向け企画です。

 

グランピングのルーツ

日本グランピング協会のHPによると、グランピングという言葉が使われたのは、この10年くらいですが、ルーツはヨーロッパ貴族が狩猟を目的にアフリカを訪れるようになった19世紀までさかのぼると言われています。

当時は純粋な狩猟でしたが、文明社会から隔離されたアフリカの大自然を写真に収める旅行としての意味合いがやがて強くなり、豪華な料理、立派なサファリロッジが、現在のグランピングの源流と考えられています。

ゆったりとした空間に贅沢な調度品を備え、白、ベージュ、オリーブグリーンといった落ち着いた色使いとクラシックな設え。これはアフリカ探検や富裕層向けの旅行の歴史のうえに確立された様式美です。

 

 

2005年頃より、インターネット上で「グランピング」の検索が確認されています。

それ以来、グランピングは欧米で人気となり、日本にも浸透、都会から離れた自然の中に豪華なアウトドアテイストのリゾート施設が世界各地で存在するようになりました。

 

グランピングブームのさきがけ

1990年代のキャンプブームでは、キャンプ未経験者が続々とキャンプ場を訪れました。

しかし、キャンプには特有の不自由さや弱さがあり、キャンプ経験のない人が、アウトドア本来の楽しみを維持しつつ、いかに快適に過ごすかは、キャンプ場の積年の課題でした

 

2000年代に入り、そうした中から、現在のグランピングの基本アイデアが生まれだし、同時に海外で普及するグランピング情報が日本に届きます。こうして日本にも徐々にグランピングブームが到来していったのです。

やがて、2015年頃より、グランピングの名を冠した施設を各社が開業。インスタ映えすることもあって、一気にグランピングブームとなりました。

 

マリントピアリゾートは、2017年関西でいち早くグランピング施設を開業、2018年にオープンしたグランドーム天橋立は西日本最大級の広さを誇り、企業やグループでの団体利用も可能。グランピングの本場ヨーロッパより直輸入した豪華テントは連日メディアにも取り上げられ、注目を集めています。

 

マリントピアリゾート団体予約専用デスク

マリントピアリゾートでは、グランピング施設を企業や団体の旅行、イベント、研修会議等の施設として、もっと便利に、気軽にご利用いただくために、大阪に団体予約専用デスクをオープン、ひとつひとつのご相談に、柔軟かつ丁寧にお応えして参ります。

 

団体でご利用される際に、主催者が気になる点

  • 企画を進めるにあたり、疑問点や要望事項に丁寧に応えてくれるか
  • 大人数だからこそのコストメリットはあるか
  • プラスアルファの提案やサポートがあるか
  • 企画の主旨に沿った柔軟な施設利用が可能か
  • 企画の目的が達成するような機材や設備が整っているか
  • 食事は企画参加者が喜ぶメニューがオーダーメイドで揃えられるか
  • その地ならでは、その季節ならではの、付加価値のあるお料理が提供されるか
  • 他の宿泊客に気兼ねなく、ゆったりと施設を利用できるか
  • 現地までのアクセスや、駐車場の確保はできるか
  • 事務局側の負担は軽減できるか 

等について、ご要望をお聞かせいただきながら、最適なご提案を心がけて参ります。

京阪神、関西圏であれば、お伺いして打ち合わせさせて頂く事も可能です。お気軽に、ご相談下さい。

 

【関連記事】企業・団体向けグランピング事例

社員合宿をグランピング施設で

オフサイトミーティングの会場をグランピングで

ビジネスゲーム研修 THE商社

グランピング施設で行う野外体験型リーダーシップ研修

 

 

マリントピアリゾートへのアクセス

マリントピアリゾートへのアクセスは、お車の場合なら京都縦貫自動車与謝天橋立ICより20分、京阪神から約2時間の快適なドライブコース、電車を利用されるならJR大阪駅またはJR京都駅から天橋立駅まで特急でおよそ2時間。事前にご用命いただけましたら、送迎車を駅までチャーターします。

 

 

グループで豪華グランピングをお楽しみ頂けるヴィラ・ドームテント

 

 

 

「マリントピアリゾート」法人・団体向け専用デスク